2016年07月23日

イベント詳細が決まりました!

「南阿蘇村のパン屋に、全国から応援隊が集結!」
大きく被災した南阿蘇の人気ベーカリー「めるころ」が再オープンしました。被災した熊本を応援するために日本全国から集まった大勢のベーカーがいろいろなパンを焼き、販売するイベントを行います。

於:南阿蘇 素材のみる夢 めるころ
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽坂の上3765
7月30日(土) 9:00〜19:00、あるいはパンがなくなるまで

カフェスペースでは
「モーニングプレート」(9:00〜11:00)。焼きたてのプチパンにハムやチーズを挟んで、コーヒーと一緒に。
「欧風型ランチプレート」(11:00〜14:00) 限定50食登場します。パリッと焼きたての欧風型食事パンに、大きな丸型チーズから自分でスライス。その他、上質のシャルキュトリーもご用意しています。

● 日本のパン作りのリーダー的存在として、プロの技術者なら知らない人はいない二人の巨匠を筆頭に、台湾、四国、東京、横浜,大阪からやってくるパンの職人が「めるころ」の厨房を占拠して、いつもとは違うパンをいろいろ作って、店頭に並べます。もちろん、いつもの「めるころ」の通常商品も並びます。次は何が出てくるか、一日中ワクワクと楽しみが続きます。サービスするのも全国から来た「にわかサービス応援隊」。パンと、人との出会いを楽しんでください。

●めるころへ、被災した方への熱い応援メッセージを募集中。当日会場にて随時お待ちしています。
●来場できない人には、「熊本盛り上げ隊セット」を宅配便で届けます。
    当日の熱気入り5000円パック(送料込み)、予約100セット限定 

*私たちパン・ド・ロデヴ普及委員会(http://www.lodevepain.org)は、フランスにその起源をもつパン・ド・ロデヴを日本に広めるべく、消費者と作り手をつなぐ会として、2012年より活動してきました。「めるころ」は当委員会の仲間であり、おいしいパン・ド・ロデヴを広めるための活動をともにしてきました。
「それでも、あなたが頑張ってくれないと、南阿蘇はだめになる」。その言葉を胸に再オープンを果たした「めるころ」に、全国からベーカー仲間が参集します。余震や周辺の道路事情など、まだ不安材料はありますが、それでも熊本を「盛り上げたい、応援したい」と、今回の企画を考えました。

不明点は本部あるいは事務局まで、電話、メールにてお知らせください。
パン・ド・ロデヴ普及委員会 info@lodevepain.org
本部:336-0932 埼玉県さいたま市緑区中2614-3-107 電話:048-712-5810
事務局:542-0082 大阪市中央区島之内1-13-30 2階 電話:06-6241-6180
posted by 熊本情報 by パン・ド・ロデヴ普及委員会 at 21:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: